コオニヤンマ

成虫は体長80〜90mm程度でサナエトンボ科の中では日本最大種。体の大きさに比べて頭が小さく、後脚が長いのが特徴。 成虫は5月上旬頃から羽化し、9月頃まで見られる。