テイオウムカシヤンマ

オーストラリアのクイーンズランドなどに生息する。体長150mm、翼長も180mmというサイズになり、これはムカシヤンマ類のみならず、ハビロイトトンボと並ぶ現生のトンボ類の最大種であり、トンボ亜目(不均翅亜目)の中でも最大である。